読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

13面体の賽子

最後に決めるのは自分だ。サイコロではない。

ページをめくるごとにざわざわ来るぞ!!:『福本伸行 人生を逆転する名言集~覚醒と不屈の言葉たち~』

2016年最後の読書で、2017年最初の読後感想文

 さっきブログの公開記事をカテゴリごとに見てみたが、「読後感想文」カテゴリで記事を投稿したのは、2015年が最後になっていることに気が付いた。

2016年も年間通じて10冊ほどは読んでいる。その最後に読み終わったのがこちらの本である。そして、この本が2017年最初の「読後感想文」カテゴリの記事になりそうだ。

人生を逆転する名言集

人生を逆転する名言集

 

 今Amazonで見てみたが、このシリーズはこの本以外にも何冊か出版されているらしい。

福本伸行先生の作品で今のところ読んだことがあるのは『アカギ』、それも三巻まで、である。ちなみに私は麻雀のルールは分からない。「和了る」の読み方もわからないのだが、この漫画には妙に引き込まれるところがある。主人公の所謂ラスボスオーラとでもいうべきものだろうか、凄みが紙面を通して伝わってくる気がするからである。

この本では『アカギ』に限らず、他の福本作品からも名言が紹介されている。それらの名言を全部で6つのジャンルに分けて紹介し、最後に福本伸行先生本人のインタビューやテレビでの発言を記している。尚、6つのジャンルの最後には紹介されている名言を作中で話した人物の簡単な紹介が載っている。

見開き1ページで名言、名言の発言者、出典、その名言が発せられた状況、「言魂ゲージ」、編著者の解説が載っており、作品を知らずとも名言を味わうことが出来る。勿論、作品を知っていたらより深く名言を味わえること間違いなしだと思う。

剃刀の如き鋭さ、海溝の如き深さ

何といっても紹介されている名言の鋭く深いことがこの本の特徴である。それだけその漫画作品がエッジの効いたディープなストーリー展開であろうということは想像に難くないが。

幾つか私が「ざわ…ざわ…」来た名言を紹介したいと思う。

30になろうと40になろうと奴らは言い続ける…

自分の人生の本番はまだ先なんだと…!

「本当のオレ」を使ってないから

今はこの程度なのだと…

そう飽きず 言い続け 結局は老い…死ぬっ…!

その間際 いやでも気が付くだろう…

今まで生きてきたすべてが

丸ごと「本物」だったことを…!

―――利根川幸雄

p16より 

 一日一日を真剣に生きさせてくれる言葉である。「本当の自分」を出すならば今この時この瞬間である。

ここぞという時…

そんな急所…

悪魔は みな優しいのだっ…!

何故それに気がつかない…?

―――工藤涯

p30より

これもまた真理。覚えておかなければコロッと騙されたりしそうであるので、心の底においておきたい。状況説明を読むに、しかしこの主人公、若干14歳にして壮絶な修羅場をくぐりすぎである。

大詰めで弱い人間は

信用できぬっ…!

つまりそれは管理はできても勝負のできぬ男…

平常時の仕事は無難にこなしても緊急時には

くその役にも立たぬということだ

要するに

ピンチは凌げず チャンスは逃す…

―――兵藤和尊

p54より

ここ一番、で弱いといつまでも勝負が出来ず、現状に甘んじるしかない。ただ、勝負することも大事だが管理することもまた大事だと思われる。緊急時とか「ここぞ」で戦え、尚且つ普段は無難に過ごせるようなハイブリッド人間になりたい。

あろうことか… 祈ってしまった…!

何も考えず… 神頼み…

救ってくれ…

オレを助けてくれ… だっ…!

もう自分以外… 頼る者などない… と

骨身に染みて…

知っていたはずなのにっ…!

―――伊藤開司

p82より

祈ることに関しては『ベルセルク』にもいい名言があったが、やるべきことをやりつくす前の神頼みの危険性がよくわかる名言である。

人は追い詰められて

初めて未曽有の潜在能力

その扉を開けることができる

そういう意味ではまさに

苦境こそチャンス

―――金光修蔵

p152より

「火事場の馬鹿力」の説明のような文章だが、苦境に陥った時に苦境をチャンスと思えるようになりたい。

作者本人からの言葉の中からは、これを。

何者になれるかどうか悩んでる若い人たちに言いたい。

おまえは東大主席か、と。

そういうエリートなら、今いる位置が惜しくて、

挑戦しないってのもわかるけど、

普通の人生しか送れそうにない人なら、挑戦するべきですよ。

20代でやるべきことは、勝つなり負けるなりすること。

勝てばいいし、負けでもいい。

一番まずいのは、勝ちも負けもしないこと

―――福本伸行

p224より

自分が今持っている物が、手放すのが惜しいものでもない限り、挑戦した方がいい、勝っても負けてもいいんだ、という挑戦しようとする自分を後押ししてくれる名言である。

 

該当する漫画を読んだことのない人でも、この本に収録されている名言はぐっとくるものがある。

2017年、決意も新たに、多くの事柄に挑戦していきたい。…勝っても負けても。

本年もよろしくお願いします。

今週のお題「2017年にやりたいこと」

明けましておめでとうございます。昨年は此方の記事更新が殆どできていませんでしたが、今年も宜しくお願いします。

 

昨年の記事更新数をアーカイブの方で確認すると、なんと23。13面体の賽子が始まって以来の少なさ。ブログを開設した2013年ですら40はあったのに…と何ともやりきれない思いでいっぱいである。社会人になって忙しかったのはあるが、それにしても少なすぎである。

今週のお題は「2017年にやりたいこと」とあるので、ここ数年掲げては達成できていなかった目標と被るものもあるが、また気持ちを新たにこちらに記そうと思う。

  1. ブログ記事の更新の習慣化:週に2回は最低でも更新する
  2. 読書:年に最低でも100冊は読む。月に3冊は読む。読んだ本を可能な限りこのブログで紹介する
  3. 健康:BMIを22.5~25の範囲に収められるよう筋トレ・カロリー管理を行う
  4. 旅行:どこかに旅行に出かける。海外…と言いたいが、国内でも。出かけた記録はこのブログに記事を掲載する
  5. 勉学:自分の興味のある事柄などを勉強する。出来れば試験などがあるものがいい。試験のことについてもこのブログで紹介する

3の健康については、恐らく1年の目標として此方に記したのは初めてだろうと思われる。20代も折り返し地点、そろそろ適正体重やら筋肉量やら脂肪量やらが気になってくるころである。現在のBMIが22.5~25の範囲にないので、何とかしてその範囲内に収まり、また健康的な肉体を手に入れたいものである。健全な精神は健全な肉体に宿る、とか。

他の項目は今まで何度か出てきたが、幾つかの物は割と緩くなっていると思う。勉学などはジャンルを決めていない。それもこの1年の気の向くまま、という感じだろうか。

ブログ自体の整頓も

当初、「13面体の賽子」として13のジャンルを扱おうと思っていたが、現在17もある。また、その中では内容が曖昧だったり、被っていたりするものもあるし、あまり記事数がないものもある。これらの統廃合・簡素化も図りたい。

本年の相棒…手帳は

今年の手帳は、2015年の流れを受け継いで、此方になる。

ほぼ日手帳 2017 weeks ホワイトライン・ブラック(1月始まり) ウィークリー
 

 2015年の時は「ジブン手帳mini」と二刀流だったが、どうも自分はバーチカルタイプが向いていないらしい。ゆるーっと書け、メモもたくさん取れるweeksを予定を書く手帳として使用しようと思っている。

ちなみにこの手帳の導入も考えている。

www.1101.com

このカバー便利そうすぎる。使い勝手よさそう。

自分の手帳の使用状況をよく見て、毎日の記録用に4月はじまりを導入するのも検討してはいる。4月はじまり版もこのカバー残っていますように。

ちょっと面白い試み

今年1年についておみくじを引くのはまあよくある。仙崎も引きに行く予定ではある。

またこんなのも面白いのではないかと思って行ってみた。

 

日本の神様カード

日本の神様カード

 
日本の神託カード

日本の神託カード

 

 日本の神様カードに関しては、2008年秋ごろに購入し、日本の神託カードに関しては2016年春か夏頃に購入したので、それを使ってみることにした。(後からミニが出ていたので手の小さい仙崎としてはそちらを早く出してくれよ、と思わなくもなかったり)

f:id:clown-crown0798:20170101172937j:plain

f:id:clown-crown0798:20170101175826j:plain

結果としてはこの二枚。(前者が日本の神様カード、後者が日本の神託カード)

「笑顔を絶やさずに、思いやりの心を持って前向きに」

「鋭い観察眼と集中力が大事。学問に関わることが吉」

という感じだろうか。

何はともあれ

初っ端から盛りだくさんになってしまいましたが、2017年もブログ「13面体の賽子」をよろしくお願いします。

此方のブログを読まれる皆さんが良い1年を過ごせるよう心よりお祈り申し上げます。

 

2016年自分内筆記具大賞~2016年に手に入れた楽しい筆記具5選

忙しくはあった、忙しくはあったが

2016年もあと3日、というところまできた。

自分が生まれてから今までで一番忙しい年だったと思う。

新卒で入社し、毎日午後11時に家に帰りつく日々の中で、ちょくちょくと有休をとり(それもあまり快くは思われていなかったが)、色々な場所に出向いて「これは!」と思うような筆記具を集めて回った。

ある時は神戸、ある時は東京、ある時は大阪、と行く先々で筆記具を購入したり、場合によっては自分で作り上げたり。

それらを写真付きで紹介していきたい。

万年筆とローラーボール、インクに惚れ込む一年

f:id:clown-crown0798:20161228162524j:image

上から、PILOTのPRERA、PILOTの自作万年筆、カキモリローラーボールに自作のインクを入れたもの、最後にHERBINの東急ハンズ限定セット。

f:id:clown-crown0798:20161228162533j:image

 こちらはPILOTのパラレルペン。インクは付属の黒。

それでは一枚目の写真の物から紹介していきたい。

これはカリグラフィ用を購入した。書き味はカクカクとした感じである。日本製らしく、漢字を書きやすい(気がする)。インクはこれもPILOTの色彩雫「冬将軍」を使用している。 

パイロット 万年筆インキ iroshizuku INK-50-FS フユショウグン
 

 

次の万年筆は8月に神戸で行われた万年筆製作体験イベントで作ったものである。

clown-crown0798.hatenablog.com

自分の中では割と気に入っており、こちらも書き味は硬め。PRERAカリグラフィー用よりも細字。インクはPILOTの色彩雫「孔雀」を使用している。

パイロット 万年筆インキ iroshizuku INK-50-KJ クジャク

パイロット 万年筆インキ iroshizuku INK-50-KJ クジャク

 

 

三本目は東京はカキモリローラーボールローラーボールとは謂わばゲルインクボールペンのようなものである。こちらを11月下旬に購入した。人生3回目の東京への到達であり、人生初の東京旅行である。

たのしく書く人。カキモリ

ローラーボールはやはりなんといってもその書き心地である。紙面をするすると這っていく、それが思考を伸ばしていく。

中に入れたインクはカキモリのお隣のインクスタンドで作ったものである。「春」をイメージした緑色で、今後ちょっとした一筆などを書く際はこちらを使いたい。

inkstand.jp

 

四本目はフランスの老舗エルバンによる東急ハンズ限定品である。こちらもローラーボールだが、カキモリのものよりも軸が細い。字幅も心なし狭い気がする。今回はローラーボールと限定インクのセットだったため迷わず購入した。地元の東急ハンズには万年筆コーナー自体があまり充実していないので、大阪で見かけた際に手に入れた。

www.quovadis.co.jp

 

二枚目の写真の物は、見た目通り(?)カリグラフィー用のペンである。PRERAとは比較にならないほどのカリグラフィ感が文字から漂ってくる…はず、である。

他にもペン幅がいくつかあるのだが、その中でも幅が二番目に広いものを購入した。画像を見ていただいても分かるように、このペン、それなりの字が書けるようになるまで割と訓練を要する。一応パラレルペンの付属の説明書にはいくつかの書体と書き方が書いてあったが、あまりうまく書けたためしがない。ので、今回の画像ではいつかどこかで覚えたエセ筆記体を使用した。13をローマ数字で書いた理由は、アラビア数字で書こうとするとどうも1がうまくいかないからである。

忙しさの中にも…

確かに2016年は忙しくはあった、しかし同時に文具面では非常に恵まれていたような気がする。

万年筆つながりで、同期で友人が出来たこと、その友人と色々な文具屋を巡ったこと。

インクを色々と手に入れたこと、自分でインクを作ってみたこと。

これらは忙しさのあまり殺伐とする日々に潤いと安らぎを与えてくれたように思われる。

来年も文具面で非常に充実した一年を過ごしたいと切に願う。

 

余談過ぎる余談

実は2016年あと一本手に入れたかった筆記具がある。

PARKARの5th Ingenuityである。 

 店頭で試し書きした結果、これは是非に!と思う書き味であり、尚且つこの暗めの青緑のボディが非常に美しい。

ただ値段が。万を超えるので自分内予算委員会で大騒ぎが起こったものでして。

ただランニングコストが。替芯が他の万年筆のカートリッジやらと比べるとお高いものでして。

泣く泣く見送ったわけである。

それを言えばMont Blancの万年筆だって見送ってはいる。

手に入れた楽しい筆記具の陰には、手に入れることが叶わなかった(能わなかった)数々の筆記具もあるのだ。

それらはまた来年。再来年。

 

 

いつの間にか年末になっていた

気が付いたら年の瀬、気が付いたら12月

お久しぶりです、仙崎です。(この挨拶も何度目やら)

最後に更新したのが11月とは、今年の更新頻度の低さは自分でも驚くものがあります。

それもそのはず、11月の残業時間は約60時間。夜11時ごろに帰宅、そのまま風呂、就寝、という日々が続いておりました。*1

 

2016年もあと少し、ですが…

もう2016年もあと10日足らず、と少ないですが、出来る限り更新していきたいです。

文具の記事や、近況報告など…

 

本日は疲れ気味のため、この辺りで失礼します。

*1:それ以前の月も平均で40時間ぐらいの残業でした、とはいえこれがブログ更新が出来ていないことの言い訳になるわけでもなく…

シケレポ!~平成28年度行政書士試験~

最も試験らしくない試験

お久しぶりです。100日ブログカウントダウンマラソンの一つも完走していないのに、次の更新が11月に入ってからになるとは…

日々の業務の忙しさ、残業、11月の初めにあった謎の業務。

8月に受験を決めたときはまだ進退の一つすら決まっていなかったので、そのままずるずると当日を迎えてしまった感じがする。

 

試験対策:出たとこ勝負

実際、日々の仕事が忙しすぎて、土日は疲労感が溜まりすぎて、殆ど勉強が出来ていない。抑も何科目あるのかすらも把握していない試験だった。

行政関連は日々の業務や8月に受けた職場の昇任試験から、憲法民法といった法律科目は昨年の春ごろから夏ごろまでやっていた公務員試験対策の残り知識で補い、一般知識は常識力で勝負、といった感じだった。

一応購入した書籍はこれ。

 

 kindle版でアマゾンから引っ張ってきたが、実際購入したのは紙版。よく内容がまとまっているが、割と分厚い。

記述に関してはこの本の巻末についていたアンケートはがきを送ると貰える無料の対策冊子をぱらぱらとみていた。

 

行楽日和、試験日和

試験は昼から3時間。13時から16時と、ちょっとしたハイキング気分で受けられる。

自宅から試験会場へは電車とバスで向かう形となった。

集合時刻は12時30分だったので、約一時間前には現地入りした。

バス車内には試験会場へ向かう人が多く、年齢構成は20代から年配の方までまちまち。性別は男性の方が多かった。

バスに揺られて試験会場に到着すると、多くの資格試験学校の人が待ち構えており、「直前対策」などのビラを配っていた。

それを尻目に会場近くの椅子に座って昼食をとる。非常に良い天気である。

昼食後試験室に入り、試験開始までボーっとして時間を過ごした。

試験室はほぼ埋まっており、年齢構成は20代から60代くらいと様々で、男女比は男性の方がやや多いようであった。

眠さとか曇天とかバス停探しとか

試験での作戦はこうだ。合格するかどうかは分からないが、殆どはマーク。「まぐれ当たり」もあるかもしれない。まず一般知識分野から解きはじめ、次に法令分野、最後に記述式を解いて全体の見直し。

一般知識分野は割とサクサクと解けた。法令分野は最初のあたり非常に眠く、途中何度かうとうととしていたと思う。

記述問題はそれぞれ40字程度と自分が大学受験の時に解いていた問題に比べればはるかに簡単なのだが、語句を知らない、知識がないというだけでまとめるのに苦労した。しかもそれが正解かどうかは分からない。見直しに使えたのは試験時間の残り10分だけだった。

試験が終了すると、当然多くの人が会場を一度に後にする。となると近場のバス停は混雑するので、帰りのバスの試験会場近くの停留所の一つ前の停留所を探せば混雑しないことになる。

と考え、バス停探しをおっぱじめた。試験が終了すると試験前の陽気とは打って変わって曇天、少し肌寒くなっていた。途中余りのバス停の見つからなさに一度引き返したりして一本乗り逃がしたりと右往左往していた。これも試験の醍醐味である。

やっと見つけたバス停には、自分と同じことを考えたらしき受験者が数人いた。

帰りに電車を一本乗り過ごす

試験も終了したことだし、と近くの書店で漫画の新刊を購入する。

 最後数ページの緊迫する場面を読んでいたらいつの間にか降りる駅を過ぎていた。

 

何はともあれ、一区切りついた気がする。結果がどうであれ、試験の勘(?)の錆びつきは防げたのではなかろうか。

 

100日ブログカウントダウン100日目:そして次を見据え続ける

今年も毎日更新ならず…

このブログを始めてから今日で3年目である。新卒として働き始めて半年以上が経った今、大学生だった頃に比べるとめっきり更新頻度が減った。

 

このブログを始めて以来、100日ブログカウントダウンマラソンはまだ一度も100日完走を果たしていない。

 

来年こそは、と思いつつ、これから来年の100日ブログカウントダウンマラソンまでぽつぽつと更新頻度を増やしていきたい。

 

今年で3周年、これからも細々とで良いので本ブログを続けていきたい。

 

今後ともよろしくお願い致します。

 

100日目

100日ブログカウントダウンマラソン91日目:腕時計が壊れた話

嬉しい時も悲しい時も

本日は、13時からが昼休みだった。誰も居ない公園で一息つき、弁当を食べるその時間だけが一日職場で働いているうちで最も気の休まるときである。

ふと携帯電話の画面を見ると、休憩時間の終わりにさしかかっていたため、そろそろ戻るか、と公園の椅子から立ち上がった。腕時計の時間を見たら、携帯電話の画面より10分遅れていた。

果たしてどちらが正しいのか、首を傾げつつ無料メッセージアプリで知人に尋ねると、携帯電話の画面が表示した時間が返ってきた。

自分が身につけている腕時計は中学三年の時に購入したもので、ソーラー電波腕時計であるために、時間が狂うことは無い、はずであった。

掛け時計ではないが、100年も動いてはいないが、寧ろその10分の1ほどしか動いてはいなかったが、文字通り嬉しいことも悲しいことも皆知っている時計である。

高校受験も、大学受験も、浪人生活も大学生活も、教育実習も就職活動も資格試験も日々の大学の講義も早朝電車に乗っているときも全てを知っていると言っても過言ではない時計だ*1

試験中机の上に居るのは筆記用具、受験票、そして時計である。

その試験中のあらゆる局面で自分を支えた時計が正しく時間を表示しなくなってしまったのである。

割と衝撃は大きい。

午後から腕時計についているスイッチを色々と押してみたが、異常が直りそうな気配は今のところ、なさそうである。

 

動かないのではなく、時間が狂う

それでは現在の時計の様子を。表示されているのは明日の時間だ。

f:id:clown-crown0798:20161019231932j:plain

日付の所が20日になっている。

果たしてこれは、10年使い続けたために来た寿命なのか、将又仕事で疲れを溜めている自分の心身の不調を訴えるサインなのか。

そういえば最近どこかにぶつけたような気もしないでもない。

 

買い替えは検討しているが、直るようならば直ってほしい。

 

ただまあ、次の展開、人生の次の局面を志向している現在において、一度リセットの意も込めて新しい時計にした方がいいのだろうかとも思っている。非常に名残惜しいが。

 

 

91日目。

 

最後に、時に関するこの曲を。

時よ

時よ

 

*1:知らないときがあるとすれば就寝中と風呂に入っているとき、海外旅行に出かけたときくらいだろう