読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

13面体の賽子

最後に決めるのは自分だ。サイコロではない。

シケレポ!~平成28年度行政書士試験~

シケレポ(試験レポート、情報)

最も試験らしくない試験

お久しぶりです。100日ブログカウントダウンマラソンの一つも完走していないのに、次の更新が11月に入ってからになるとは…

日々の業務の忙しさ、残業、11月の初めにあった謎の業務。

8月に受験を決めたときはまだ進退の一つすら決まっていなかったので、そのままずるずると当日を迎えてしまった感じがする。

 

試験対策:出たとこ勝負

実際、日々の仕事が忙しすぎて、土日は疲労感が溜まりすぎて、殆ど勉強が出来ていない。抑も何科目あるのかすらも把握していない試験だった。

行政関連は日々の業務や8月に受けた職場の昇任試験から、憲法民法といった法律科目は昨年の春ごろから夏ごろまでやっていた公務員試験対策の残り知識で補い、一般知識は常識力で勝負、といった感じだった。

一応購入した書籍はこれ。

 

 kindle版でアマゾンから引っ張ってきたが、実際購入したのは紙版。よく内容がまとまっているが、割と分厚い。

記述に関してはこの本の巻末についていたアンケートはがきを送ると貰える無料の対策冊子をぱらぱらとみていた。

 

行楽日和、試験日和

試験は昼から3時間。13時から16時と、ちょっとしたハイキング気分で受けられる。

自宅から試験会場へは電車とバスで向かう形となった。

集合時刻は12時30分だったので、約一時間前には現地入りした。

バス車内には試験会場へ向かう人が多く、年齢構成は20代から年配の方までまちまち。性別は男性の方が多かった。

バスに揺られて試験会場に到着すると、多くの資格試験学校の人が待ち構えており、「直前対策」などのビラを配っていた。

それを尻目に会場近くの椅子に座って昼食をとる。非常に良い天気である。

昼食後試験室に入り、試験開始までボーっとして時間を過ごした。

試験室はほぼ埋まっており、年齢構成は20代から60代くらいと様々で、男女比は男性の方がやや多いようであった。

眠さとか曇天とかバス停探しとか

試験での作戦はこうだ。合格するかどうかは分からないが、殆どはマーク。「まぐれ当たり」もあるかもしれない。まず一般知識分野から解きはじめ、次に法令分野、最後に記述式を解いて全体の見直し。

一般知識分野は割とサクサクと解けた。法令分野は最初のあたり非常に眠く、途中何度かうとうととしていたと思う。

記述問題はそれぞれ40字程度と自分が大学受験の時に解いていた問題に比べればはるかに簡単なのだが、語句を知らない、知識がないというだけでまとめるのに苦労した。しかもそれが正解かどうかは分からない。見直しに使えたのは試験時間の残り10分だけだった。

試験が終了すると、当然多くの人が会場を一度に後にする。となると近場のバス停は混雑するので、帰りのバスの試験会場近くの停留所の一つ前の停留所を探せば混雑しないことになる。

と考え、バス停探しをおっぱじめた。試験が終了すると試験前の陽気とは打って変わって曇天、少し肌寒くなっていた。途中余りのバス停の見つからなさに一度引き返したりして一本乗り逃がしたりと右往左往していた。これも試験の醍醐味である。

やっと見つけたバス停には、自分と同じことを考えたらしき受験者が数人いた。

帰りに電車を一本乗り過ごす

試験も終了したことだし、と近くの書店で漫画の新刊を購入する。

 最後数ページの緊迫する場面を読んでいたらいつの間にか降りる駅を過ぎていた。

 

何はともあれ、一区切りついた気がする。結果がどうであれ、試験の勘(?)の錆びつきは防げたのではなかろうか。

 

100日ブログカウントダウン100日目:そして次を見据え続ける

カウントダウンマラソン 記憶と記録 徒然雑記(雑多な個人記録)

今年も毎日更新ならず…

このブログを始めてから今日で3年目である。新卒として働き始めて半年以上が経った今、大学生だった頃に比べるとめっきり更新頻度が減った。

 

このブログを始めて以来、100日ブログカウントダウンマラソンはまだ一度も100日完走を果たしていない。

 

来年こそは、と思いつつ、これから来年の100日ブログカウントダウンマラソンまでぽつぽつと更新頻度を増やしていきたい。

 

今年で3周年、これからも細々とで良いので本ブログを続けていきたい。

 

今後ともよろしくお願い致します。

 

100日目

100日ブログカウントダウンマラソン91日目:腕時計が壊れた話

カウントダウンマラソン 徒然雑記(雑多な個人記録) 記憶と記録

嬉しい時も悲しい時も

本日は、13時からが昼休みだった。誰も居ない公園で一息つき、弁当を食べるその時間だけが一日職場で働いているうちで最も気の休まるときである。

ふと携帯電話の画面を見ると、休憩時間の終わりにさしかかっていたため、そろそろ戻るか、と公園の椅子から立ち上がった。腕時計の時間を見たら、携帯電話の画面より10分遅れていた。

果たしてどちらが正しいのか、首を傾げつつ無料メッセージアプリで知人に尋ねると、携帯電話の画面が表示した時間が返ってきた。

自分が身につけている腕時計は中学三年の時に購入したもので、ソーラー電波腕時計であるために、時間が狂うことは無い、はずであった。

掛け時計ではないが、100年も動いてはいないが、寧ろその10分の1ほどしか動いてはいなかったが、文字通り嬉しいことも悲しいことも皆知っている時計である。

高校受験も、大学受験も、浪人生活も大学生活も、教育実習も就職活動も資格試験も日々の大学の講義も早朝電車に乗っているときも全てを知っていると言っても過言ではない時計だ*1

試験中机の上に居るのは筆記用具、受験票、そして時計である。

その試験中のあらゆる局面で自分を支えた時計が正しく時間を表示しなくなってしまったのである。

割と衝撃は大きい。

午後から腕時計についているスイッチを色々と押してみたが、異常が直りそうな気配は今のところ、なさそうである。

 

動かないのではなく、時間が狂う

それでは現在の時計の様子を。表示されているのは明日の時間だ。

f:id:clown-crown0798:20161019231932j:plain

日付の所が20日になっている。

果たしてこれは、10年使い続けたために来た寿命なのか、将又仕事で疲れを溜めている自分の心身の不調を訴えるサインなのか。

そういえば最近どこかにぶつけたような気もしないでもない。

 

買い替えは検討しているが、直るようならば直ってほしい。

 

ただまあ、次の展開、人生の次の局面を志向している現在において、一度リセットの意も込めて新しい時計にした方がいいのだろうかとも思っている。非常に名残惜しいが。

 

 

91日目。

 

最後に、時に関するこの曲を。

時よ

時よ

 

*1:知らないときがあるとすれば就寝中と風呂に入っているとき、海外旅行に出かけたときくらいだろう

100日ブログカウントダウンマラソン77日目:岐路と帰路

カウントダウンマラソン 徒然雑記(雑多な個人記録) 記憶と記録

カードは出揃った。

10月になり、6か月の使用期間が終了すると同時に、正式採用となった。前回受検した昇進試験のためか、数百円月給が上がった。

8月下旬に受験し、9月中旬に統一採用試験合格が分かった国立大学法人等職員採用試験は現在1つの大学から内定をもらっている。ということになっている。*1

clown-crown0798.hatenablog.com

clown-crown0798.hatenablog.com

 残留か、新天地を求めて転職か。

そうして新たな問題が浮上した。

現状では先輩職員は仕事を教えてくれず、激務は激務である。定時に会社を出たことがない。残業代はかろうじて出ているが、一度残業代が付かなかったこともある。

昼休みは既定の時間取れない、職場で気の休まるときがない。

 

だが、新天地は本当に現状よりも良いのだろうか。

これで新天地が現状よりも悪かった場合目も当てられない。現状は家から片道通勤1時間以内であるという強みがある。しかしワークライフバランスも何もあったものではない。

新天地はどうだろうか。カードを切るに値する場所だろうか。

 

まだまだ状況の読めない日々が続きそうである。

 

77日目。

 

*1:というのも内定通知書を送ってこないので、電話でそう聞いただけである。書面で表されたものがないと安心できないのは職業病か?

100日ブログカウントダウンマラソン65日目:重ねた日々を

カウントダウンマラソン 徒然雑記(雑多な個人記録) 記憶と記録

前回から相当な時間が経ってしまった。

前回受けた試験に合格して、職場の試験にも追試にはなったが合格した。

前回から一ヶ月ほどが経過したが、職場の状況は良くなるどころか悪くなる一方である。

そんな中、本日は前回の試験の次の試験を受験した。

 

先を見定めていくこと、次を考え続けること

これはこのブログを書き始めた時からずっと考えてはいることである。

ブログを始める前は通っていた大学から別の大学に編入しようとしていた。

ブログを始めてからは就職活動やら旅行やら資格試験やら、何かと「次」に追われることが多かった。

そして今、また「次」を目指して試験を受けている。

 

今後どうなるかはわからないが、「次」を目指せる限り、目指すだけの気力と体力が続く限り「次」を追い求めていこうと思っている。

 

今目指す「次」の積み重ねが、その先の良い「次」に繋がることを信じて今は目先のことをやっていく時期なのかもしれない。

 

65日目

 

100日ブログカウントダウンマラソン33日目:シケレポ!~平成28年度国立大学法人等職員統一採用試験~

カウントダウンマラソン シケレポ(試験レポート、情報)

試験を受けたのは昨日だが

色々あって更新するのが今日、それも終わりかけになってしまった。

仙崎は社会人になったのではないのか、などといった声が聞こえてきそうだが、それも含めて今回の試験レポートとさせていただきたい。

勝って戦場から抜け出すか、負けて戦場に残り続けるか

実は昨年就活を行っていた時も、この試験にエントリーだけはしていた。

しかし、別の最終面接と被っていたために此方は受験しなかった。*1

現在の職場で働き始めて数か月、此処に居続けて良いものかどうかという疑問が出てきた。業務内容に関する研修は無い割に、毎日問い合わせの電話に出ることを余儀なくされる。知らない内容なのに、「何故できないのか」と直属の教育係に問い詰められる。働き始めて一日目から個人情報を扱うことになる、等々。どうやら私が知らないだけで、この職場には裏があるのかもしれない、などと勘繰るのも怒号と泣き声の響く職場で働くのもとても疲れることである。何より、業務を正しく教えてもらえないために普通の仕事をこなすだけでも二倍三倍と時間がかかってしまい、帰宅時間が遅くなる。また押し付けられた仕事が積み残されていても誰も手を差し伸べることは無い。

そんなこんなで、こちらの試験にエントリーをしてみた。

昨年度の倍率を見てみると五倍。そこから、最終的に職を得られるのは一つの大学に付き数人*2。狭き門である。

とは言え、受験しなければ合格することは万に一つも無いし、縦しんば不合格であったとしても職を失う訳ではない。それが、試験を受けようと思った最大の理由である。他にも、受験料がかからず、交通費のみだとかも理由にはなるが。

とはいえ、特別なことは何も。

特別な試験勉強は何もやっていない。正確に言えば、やる時間がなかった。

残業もあり、たまに土日出勤もあり、職場の試験もあり、何より平日の疲れが土日に持ち越されることもあって、勉強らしい勉強は何もしていない。それは昨年の公務員試験の際にも当てはまったことなのだが、その時は学生、英文も読めば日本語文も読んでいたのである程度補えることもあった。しかし、今回は学問から離れてしまっているのである。自分でもヒヤヒヤしていた。

試験一週間前くらいから毎日やっていたのはzuknowの世界史単語帳である。そして、時たま思い出したかのように中学地学の単語帳も。どちらも「クイズで確認」のみを行った。

それと、地理の知識の抜けが心配だったので、処分予定の本の問題を少々。

 

演習編きめる!センター地理B (センター試験V BOOKS (9))

演習編きめる!センター地理B (センター試験V BOOKS (9))

 

 意外と知識の抜けが少なかったことに驚いた。

あとは、試験前日に肩慣らし程度で文章理解の問題を現代文少々、英語少々。

公務員試験 文章理解 すぐ解ける〈直感ルール〉ブック

公務員試験 文章理解 すぐ解ける〈直感ルール〉ブック

 

 上記の問題を解いていく過程で、文章読解能力は問題ないと判断した。

早くに到着し、リラックス

当日は少し早すぎる時間についてしまった。久々の大学の雰囲気*3にテンションを上げつつ、試験室やトイレの場所を確認する。

入室時刻まで気楽に過ごし、入室してからも菓子を食べたりぱらぱらと手持ちの参考書を見たりと気楽に過ごす。教室の埋まり具合は三分の一ほどであった。

 この焼きチョコは美味しかった。コンビニで購入したために少し高かったが。

試験時間も二時間と気楽なものだったので、さくっと受けて、試験終了13分前ほどに退室した。数的処理系の問題はやはり訓練が必要なのか、私のひらめき力が足りないからなのか、手こずった問題もあったが、全体として悪くはなさそうである。とは言え倍率が高いため、どうなるかはわからない。

道に迷う

行きはバスで会場まで向かったが、帰りは最寄りの駅まで会場から歩いて帰ることにした。もともと今回の試験会場は、自分が曾て後期試験で受験した大学であったため、その時も歩いて帰ったので迷わないだろうと思っていたが*4、絶妙に迷ってしまった。

GPSと地図アプリを駆使して駅までたどり着き、帰りの飲み物とお菓子を購入して気楽に帰宅した。全体的に遠足やハイキングの気分であった。

楽しい試験

上にも書いたことだが、非常に「気楽」な試験であった。残りの人生全てを賭けている訳でもなく、受験料が高い訳でもない。

お菓子も美味しく、天気も良く、問題も楽しい試験であった。

 

33日目。

 

 

 

*1:結局その最終面接は不合格となるのだが

*2:大学によってバラつきはある。事務の場合で想定している

*3:試験会場が大学であったため

*4:しかも当時はガラケーであったために地図アプリなどと言う便利な物は無く、事前にプリントアウトした地図を見ながら、バスの通る道を確認して帰った

100日ブログカウントダウンマラソン29日目:それでも日々は変わらず

カウントダウンマラソン 徒然雑記(雑多な個人記録)

昨日のブログでお伝えしたことだが

今日はゾロ目の1日だった。

 

とはいえ特にこれといった変化はなく、

木陰で食った昼飯が美味しかったことと、昼過ぎから少し忙しかったこと、残業をしたことが特筆すべきことだろうか。

あと風呂上がりに炭酸飲料を飲んですきっとしたこと。

 

ポッカサッポロ キレートレモン スパークリング 450ml×24本

ポッカサッポロ キレートレモン スパークリング 450ml×24本

 

 

24本も飲んではいないが。

 

何の気なしにゾロ目の1日を過ごしたが、私の人生で今日と同じゾロ目の日が巡ってくることはもう二度とないのであり、生きてきた日数は変わらずに増えていく、カウントアップ方式に。

 

どんな1日だって巻き戻しはきかず、「人生はリハーサルではない」という言葉を思い出した。

 

リハーサルではないからこそ、今こうしていても良いのかと毎日自問自答する。

 

29日目。