13面体の賽子

最後に決めるのは自分だ。サイコロではない。

2018年の手帳:100日ブログカウントダウンマラソン56日目

2018年の手帳はジブン手帳Biz miniに決定した

本日は有給を取得したので、身の回りの細々とした雑務をこなしつつ、東急ハンズに出かけて来年の手帳を見に行った。

今年は結局ほぼ日手帳weeks(1月始まり)とほぼ日手帳オリジナル(spring)の二帳流におさまった。weeksが予定管理、オリジナルが振り返りと記録という役割分担である。

2015年に一度ジブン手帳miniを使用していたが、バーチカルタイプの手帳があまり自分のズボラさには合わないのではないかと思い、2016年はモレスキンのウィークリー(ラージサイズ)にした。

しかし2016年は逆に忙しすぎて書く間がなく、モレスキンのウィークリーがスカスカであった。

そんなこんなで2017年は久々にほぼ日に戻ってきたが、どうもマンネリ化が進んでいる。まあ「安定の使いやすさ」はあるのだけれども。

そんな折にジブン手帳Biz miniが発売されているのを発見し、早速購入することにした。

 

 色は上記のものではなく、艶黒ブラックを購入した。

以前ジブン手帳miniを使っていた際に、若干困るなと思ったのが「3分冊スタイル」である。

メモを取るときに必ず決まった一冊を使う人間ではないため、IDEAのノートを常に持ち歩くのもなんだかかさばるし、LIFEは思い立ったときに纏めて書く派なので、また割とな機密も書いてあるので、常に持ち歩くのは不安。

それ故に3分冊スタイルは私の性格には合わないのでは、という危惧があった。

現在もLIFEとIDEAはそれぞれ単体で使用している。そして、単体だと非常に便利で使いやすい。(IDEAは現在はほぼマスキングテープノートと化しているが)

それに比してジブン手帳Bizは一冊でまとまっているし、分厚くもない。また、そんなに大きな手帳も必要なかったため、Biz miniとした。

 

来年はどう動くかがわからない年である。仕事を続けていくのか、それとも辞めるのか。只今絶賛岐路に立たされ中である。

そんな激動の中でもしっかり立ち回ることのできる手帳であってくれることを祈る。

 

56日目。