読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

13面体の賽子

最後に決めるのは自分だ。サイコロではない。

文具イベントに行ってみた。

コレクターズ(収集したものなど) ぶんぐるい(文房具紹介)

面白そうだったので思い立ったら即行動

先日、たまたまインターネット上で文具イベントが近辺の都市で開催されることを知り、人生初となる文具イベントに参加してみた。

 

戦利品

筆記具

ブースごとに各文具メーカーがそれぞれの自慢の逸品を並べており、様々な独自のサービスも展開していた。担当の方々と実際に話が出来たのが有意義であった。

f:id:clown-crown0798:20150321112917j:plain
ぺんてるビクーニャEx。実は、初の名入れ多機能ボールペン(黒、赤、シャープ)である。出来れば三色ボールペンでも出て欲しい。以前の記事でも述べたが、自分はよくこの手の多機能ボールペンを破壊してしまうので、メタル軸だとその危険性が減るかと思ったためである。これなら、ちょっとした場でも使えるシックでお洒落な多機能ボールペンである。
f:id:clown-crown0798:20150321112928j:plain
同じくぺんてる。これは元々フランスで発売されていたらしい。0.7のエナージェルインクのペンを持っていなかったため購入。成る程書きやすく、思考がのびのびとするペンである。エナージェル系はモレスキンRHODIA共に相性のいい筆記具である。
同じく、エナージェルの0.4も購入した。
PENTEL ENERGEL TRADIO BARREL BLK PK12

PENTEL ENERGEL TRADIO BARREL BLK PK12

 

 

ぺんてる ノック式エナージェル0.4? BLN74ーA シルバー軸 黒インキ

ぺんてる ノック式エナージェル0.4? BLN74ーA シルバー軸 黒インキ

 

 

 
f:id:clown-crown0798:20150321112940j:plain

そのままウロウロしつつ、STABILO社のブースへ。担当の方がいらっしゃったので、さらさらと書けるペンは無いものか、と相談してみたところ、こちらの二本を勧められた。試し書きしてみると、なるほど書きやすい。書きやすさではTradioといい勝負だが、こちらはなんと0.3㎜(オレンジの方)。イカす黒と、RHODIAにも合いそうなオレンジの二本を購入。オレンジの方は4色展開(黒、赤、青、緑)、黒の方は2色展開のようだ。(黒、赤)

 

STABILO 水性ボールペン bionic black 0.3mm 1016-46 ブラック

STABILO 水性ボールペン bionic black 0.3mm 1016-46 ブラック

 

ノート

今回はノート類も多数揃っていたので、万年筆に合いそうなノートを探してみることにした。

f:id:clown-crown0798:20150324224822j:plain 

これは以前から気になっていたC.D.NOTEBOOKである。ページの手触りが普段使っている紙とは違う。本当にシルクのような手触りである。早く万年筆で書いてみたい。

 

アピカ プレミアムCDノート CDS120Y 7ミリ横罫 B5

アピカ プレミアムCDノート CDS120Y 7ミリ横罫 B5

 

 仙崎が購入したのはA5サイズである。

 

 

f:id:clown-crown0798:20150324224921j:plain

そしてこれらもサイズ、色共に気に入ったので購入。

 
 

f:id:clown-crown0798:20150324225043j:plain

これはKobe INK物語50色が表紙に印刷されたノート。これを見るだけでもインク欲が刺激される。ナガサワ文具センターもブースに出展しており、インク約50色が壁一面に並べられた光景は壮観でもあり、圧巻でもあった。

 

インク

そろそろコンバーター式の万年筆にも慣れてきたことだし、もっといろいろな色に手を出したい(断じてギャグではない)と思い、今回は明るめのインク色を購入しようと思っていた。

ナガサワ文具センターのブースには、なんとKobe INK物語開発者様がおられ、インクのアドバイスを受け、明るめのピンクやオレンジに決めようかとしていた所、

 

モネバイオレットゴッホコバルト

に出会ってしまい、またその落ち着いた色味に惚れこんでしまい、その2瓶を購入。今まで紫が自分の身の回りにあふれていることが無かったので、非常に新鮮な気分になった。

そして、コンバーター式の万年筆を増やそうとも思ってしまった。*1

 

今後も出没・・・するか?

今回のイベントは非常に面白かったが、急に行こうと思ったので、事前によく調べることができず、それが故に文具王トークイベントを逃したり、事前予約制だった万年筆インク製作体験にも参加できなかった。
 
今度は事前にイベント類を調べておきたい。
しかしあまり参加しすぎるのも懐事情的には良くない…
 
…バランスをとって参加していきたい。
 

*1:現在2本しか持っておらず、以前購入した布引エメラルドが今はどの万年筆にも入っていない状態である