読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

13面体の賽子

最後に決めるのは自分だ。サイコロではない。

できる限り家で冷房を使わずに夏を乗り切る。100日ブログカウントダウンマラソン6日目

カウントダウンマラソン

さすがにアツくなってきた。

現在気ままに暮らしているが、さすがに少し、というかかなり暑くなってきた。

 

夜は寝苦しく、早朝でも暑い。

 

山の上にある大学を目指して歩くのは最早ただの苦行。

 

それに加えて私は年中長袖のパーカーを着用しているので、何の修業をしているのかと自分のことながら首を傾げたくなる。

 

 

そして、エアコンが古いため、喉を痛めたくないとの思いからつけずにいる。

 

暑い。そしてアツい。

 

なんとか自宅でエアコンなくして過ごす方法を考えている

ちなみに家には扇風機もない。

 

今後扇風機が登場する予定もない。

 

そこで現在なんとかして涼を捻出する方法を考えている。

 

保冷材を使う

これは6月下旬くらいから実践している方法である。

 

冷蔵庫で冷やした保冷剤を足や腕などに置く。温くなってきたらまた冷やす。この繰り返しは結構ひんやりとして涼しい。

 

ロゴス(LOGOS) アイスポケット200  81660170

ロゴス(LOGOS) アイスポケット200 81660170

 

 保冷剤はどんなものでもいいが、皮膚に直接当てることはできる限り避けている。

 

制汗剤を使う

 

意外と涼しい風?ガス?は身近なところにある。

 

最近はひんやりした効果のあるものも増えてきているので、それで涼しくなった気分になる。

 

 

 汗のにおいも抑えられて一石二鳥。

 

 

昼間自宅以外の場所で過ごす

 

これは自宅以外の場所で快適なエアコン空間を提供している場所に出かける、という手段である。

 

有効なのは図書館や自習室、たまにスーパーやコンビニ。

 

結構涼しいが、たまにエアコンが古い場合もあるので注意が必要である。

 

 

 

・・・どうだろうか。どれも普通の方法で、意外性の欠片もないが、地味に涼しくなるものである。

 

最後に、精神的に涼しくなれそうなものを。

 


ヤンデレの妹に死ぬほど愛されて仮眠も取れないスネーク - YouTube

 

怖いですよ。怖いもの見たさで見たら笑えてきますよ。そして少し涼しくなれるかもしれませんよ。

 

 

6日目。