13面体の賽子

最後に決めるのは自分だ。サイコロではない。

今年の四月から使い始めた手帳について

結局・・・

4月も半ばを過ぎた。

 

出来れば4月が始まる前に記事にしたかったが、終わってしまったことはしょうがない。

 

結局は、ほぼ日手帳の4月始まり版(オリジナル)、ただしカバー変更という流れで落ち着いた。

 

世界の伝統柄 ミコノスの窓 - ほぼ日手帳 2014 spring

 f:id:clown-crown0798:20140420181835j:plain

 この柄に一目ぼれしたのである。

 

ただ、白メインなので汚れが目立つ、という理由から、カバーオンカバーをつけている。

 

2014年版を一か月ほど使ってみて、去年との変更点で少し困った点がある。

 

時間割を書く欄が少ないのだ。

 

前は1つの時間割に付き見開き2ページを使っていたのに、今年は1つの時間割に付き1ページなので、学生の身分である仙崎には少々困ったことになっている。

(まあ、ほぼ日ユーザー皆が皆時間割を使う訳ではないので、致し方ないことなのかもしれないが・・・)

 

 

また、手帳本体の背表紙のところに西暦が入っていないのも「なんだかな~」という感じであった。

 

過去の手帳を並べるときに2013年だけ西暦が入っているのは・・・

 

まあ、些末なことではあるけれども。

 

 

カバーを変更したので、また数年はほぼ日手帳になるのだろう。